備忘録/にわかエンジニアが好きなように書く

個人的にとりあえず仕組みを知るために、触りたように好きにとりあえず動くような構築してみる 個人用の備忘録となるので内容の保証はないのでその点はご了承ください。 ※変な内容や間違いを書いているなどありましたらコメントやご指摘いただけると幸いです。

NutanixCE上に仮想マシンの新規作成を実施

 

NUTANIX 20190211を使用し、PRISMから実施する手順となります。

ストレージ・コンテナの作成

ストレージ情報確認

左上のメニューから「ストレージ」を選択

f:id:pocket01:20190330235014p:plain

テーブルタブを選択し、storageに関する情報を表示させる

f:id:pocket01:20190330235101p:plain

既存ストレージコンテナの確認

f:id:pocket01:20190330235122p:plain

既存ストレージプールの確認

f:id:pocket01:20190330235135p:plain

ストレージコンテナ作成(VM用とISOファイル用のコンテナ作成)

右上の「ストレージコンテナ」を選択

f:id:pocket01:20190330235203p:plain

NAMEの入力

※今回は、既存のストレージプールを選択しています。

f:id:pocket01:20190330235227p:plain

NAME入力後、「Save」をクリックし作成します。

f:id:pocket01:20190330235237p:plain

 

テーブルタブから作成したストレージコンテナを確認(VM用とISO用の作成)

f:id:pocket01:20190330235412p:plain

 

 ISOファイルのアップロード

今回は、CentOS , WindowsServer , VirtIOのイメージをアップロートします。

VirtIO:仮想マシンでWindowsを使用する場合に必要になりますので、ダウンロード先のURLはコミュニティサイト(NEXT)からファイル取得が必要となります。

2019/03時点の最新はVer11.4 

f:id:pocket01:20190331011054p:plain

 

左上のメニューから「設定」を選択

f:id:pocket01:20190331000732p:plain

左メニューから「イメージ設定」を選択します。

f:id:pocket01:20190331000830p:plain

 

「イメージをアップロート」を選択します。 

f:id:pocket01:20190331002344p:plain

 

各項目を入力して「Save」を選択します。

※ANOTATIONは未入力でも問題ありません。

f:id:pocket01:20190331002610p:plain


※アップロードに進捗は「タスク」から確認できます。

f:id:pocket01:20190331002847p:plain

 アップロード完了後、追加したイメージが表示されたことを確認します。

※Nameの文字数を少なめにするほうが一覧でみると見やすいので、注釈にイメージファイル名の記載がいいかも

f:id:pocket01:20190331003019p:plain

 

仮想ネットワーク設定

既存ネットワーク設定確認

左上のメニューから「ネットワーク」を選択します。

f:id:pocket01:20190406190431p:plain

※仮想ネットワーク・仮想マシン作成後

f:id:pocket01:20190407104823p:plain

仮想ネットワーク登録

左上のメニューから「設定」を選択し「ネットワーク構成」を選択します。

f:id:pocket01:20190406190615p:plain

「ネットワークを作成」から、「名前」と「VLAN ID」を入力して、設定保存します。 

f:id:pocket01:20190406191240p:plain

追加した仮想ネットワークが追加されたことを確認します。

f:id:pocket01:20190406191333p:plain

仮想マシン作成

以下のような設定とする

■General Configuration

Name  CentOS7
Description  vm01
タイムゾーン

(UTC + 09:00) Asia/Tokyoローカル

■Compute Details

VCPU 1
Number Of Cores Per Vcpu 1
Memory 4

■Disks

BOOT DEVICE TYPE ADDRESS PARAMETERS
CD-ROM sata.0 ISO / CentOS
  DISK sata.1 40GB / SCSI / datastore01

■Volume Groups

 -

■Network Adapters (NIC)

VLAN ID VLAN名 MAC 要求されたIP
vlan.0 VLAN0000    

■仮想マシンホストアフィニティ

 -

■Custom Script 

 -

 

仮想マシンの作成

左上のメニューから「ネットワーク」を選択し、表示された画面の「テーブル」タブを選択します。

f:id:pocket01:20190407022020p:plain

仮想マシン作成のため、右上の「+仮想マシンを作成」から設定画面を表示させます。

f:id:pocket01:20190407022308p:plain

設定画面の各項目を入力して、「Save」ボタンを押すと仮想マシンが作成されます。

f:id:pocket01:20190407022806p:plain

 

■DISK登録

f:id:pocket01:20190407023314p:plain

 

■NIC登録 

f:id:pocket01:20190407022924p:plain


 

作成した仮想マシンの設定を確認します 

f:id:pocket01:20190407023628p:plain

 

作成した仮想マシンを選択して、下部の「Power On」をクリックすると仮想マシンが起動します。

仮想マシンが起動すると「Launch Console」が有効となるので、クリックすると仮想マシンの仮想コンソールから画面操作が可能になります。

f:id:pocket01:20190407024318p:plain

nutanixの設定が問題ない場合、正常に起動し仮想コンソールからCentOS7のインストールが可能になります。

f:id:pocket01:20190407024507p:plain

イントール完了後

1.BOOT設定を"CD-ROM"から"DISK"に変更

2.CD-ROMのマウント設定を解除

f:id:pocket01:20190407104337p:plain

3.再起動を行い、起動確認

f:id:pocket01:20190407104429p:plain

 

Nutanix Hyper Converged Infrastructure入門

Nutanix Hyper Converged Infrastructure入門

  • 作者: ソフトバンクコマース&サービス株式会社,小川正一,後藤正幸,長濱歳也,萩原隆博,森下政純
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る