備忘録/にわかエンジニアが好きなように書く

個人的にとりあえず仕組みを知るために、触りたように好きにとりあえず動くような構築してみる 個人用の備忘録となるので内容の保証はないのでその点はご了承ください。 ※変な内容や間違いを書いているなどありましたらコメントやご指摘いただけると幸いです。

OWASP ZAP診断結果レポートをFaradayで確認①

 

環境

VMware ESXi 6.5 ホストに仮想マシンを作成してインストール。

・Ubuntu 16.04.3 

  - FaradayServer と FaradayClient は起動済みとする

構成

f:id:pocket01:20180211200128p:plain

事前準備

 

Faladay ServerとClientのパッケージでの導入と起動まで - にわかエンジニア好きなことを書く備忘録

の続きの内容となる

Faraday Dashboard確認(インポート前)

 -Workspace名: workspace_rep

 -Dashboard:データなし

f:id:pocket01:20180211193208p:plain

Faraday Clientの起動

 ■Faradayクライアントの起動

faraday@sv001:~/faraday-dev$ sudo python2 faraday.py
2018-02-11 13:55:47,213 - faraday.launcher - INFO - Checking dependencies...
2018-02-11 13:55:47,214 - faraday.launcher - INFO - Dependencies met

_____ .___
_/ ____\_____ ____________ __| _/_____ ___.__.
\ __\ \__ \ \_ __ \__ \ / __ | \__ \ < | |
| | / __ \_| | \// __ \_/ /_/ | / __ \_\___ |
|__| (____ /|__| (____ /\____ | (____ // ____|
\/ \/ \/ \/ \/

[*[ Open Source Penetration Test IDE ]*]
Where pwnage goes multiplayer

2018-02-11 13:55:47,221 - faraday.launcher - INFO - Starting Faraday IDE.
2018-02-11 13:55:47,224 - faraday.launcher - INFO - Checking configuration.
2018-02-11 13:55:47,225 - faraday.launcher - INFO - Setting up plugins.
2018-02-11 13:55:47,228 - faraday.launcher - INFO - Removing old plugins folder.
2018-02-11 13:55:47,257 - faraday.launcher - INFO - Setting up ZSH integration.
2018-02-11 13:55:47,258 - faraday.launcher - INFO - Setting up user configuration.
2018-02-11 13:55:47,259 - faraday.launcher - INFO - Using custom user configuration.
2018-02-11 13:55:47,259 - faraday.launcher - INFO - Setting up icons for GTK interface.

■FaradayクライアントのX11起動

f:id:pocket01:20180211140003p:plain

 ZAPレポートをFaradayへ転送

Faradayクライアントで操作する場合のreportの保存先は、どのディレクトリでも良い。

(インポート時にファイル選択するようになっているため)

f:id:pocket01:20180211201224p:plain

 ※過去に実施したレポートを使用

 

reportをインポート

■操作用端末のX11の画面で右上にあるアイコンをクリックし、プラグイン選択画面を開く。

f:id:pocket01:20180211201540p:plain

 

■プラグイン"Zap"を選択し、OKをクリックする。

f:id:pocket01:20180211201905p:plain

■インポートするレポートを選択

f:id:pocket01:20180211202030p:plain

※画面下側で操作ログの出力がある。

f:id:pocket01:20180211202130p:plain

クライアント側の画面で診断結果の確認できる

f:id:pocket01:20180211202447p:plain

Faraday Dashboard確認(インポート後)

インポート前には表示されなかったZAPの診断結果が表示される。

f:id:pocket01:20180211202233p:plain

 診断内容の詳細も確認可能

f:id:pocket01:20180211202701p:plain